<HOME>
<3次元対応>
<全加工モールドベース>
  1. 全加工への取り組み
  2. 金型業界の環境
  3. 短納期化への対応
  4. 受注量バラツキの対策
  5. 設備投資の抑制
  6. サカモトの提案

<加工の標準化提案>
<標準モールドベース>
<特殊モールドベース>
<大型モールドベース>
<精密モールドベース>
<ダイカスト金型用ベース>
<中国製モールドベース>
<全仕上加工モ−ルドベ−ス>

サカモトの提案
短納期・コストダウンのため、全仕上加工モ−ルドベ−スによる金型製作システムを提案します。

1. 全加工への取り組み

私たちサカモトは、短納期・低価格の点から、モールドベースメーカーにおける全仕上加工モールドベースの安定供給が最重要課題と考え、積極的に取り組んでおります。
モールドベース加工と製品部加工とは加工する工作機械も異なり、モールドベースにおいてはモールドベースメーカーが加工する方が、間違いなく低コストになると確信しております。
現在では、加工内容・サイズにもよりますが、MB4045以下で安定して10日以内(急ぎの場合は、4,5日)の納期対応が可能となりました。
ただし金型メーカー殿のご心配は、本当に忙しい時期の納期対応にあると考えております。そこでサカモトは、無人運転可能な設備を増強することによって、ある程度までは夜間稼動率の調整で納期対応可能な生産体制を確立しました。

全仕上加工モ−ルドベ−スを検討されているお得意様におかれましては、お気軽にメ−ルあるいは電話・FAXにてお問い合わせ下さい。早々に担当エリアの営業が、ご連絡のうえご説明に伺わせて頂きます。






お問い合わせ トピックス 製品情報 モールドベース ご挨拶 サイト利用規約 個人情報保護方針 サイトマップ