<HOME>
<3次元対応>
<全加工モールドベース>
<加工の標準化提案>
  1. エジェクタピン穴径
  2. ランナー形状
  3. ポケットコーナーR

<標準モールドベース>
<特殊モールドベース>
<大型モールドベース>
<精密モールドベース>
<ダイカスト金型用ベース>
<ダイカスト金型用ベース>
<中国製モールドベース>
<加工の標準化提案>

現在サカモトでは、モールドベース加工の標準化提案を全てのお客様に対してお願いしております。

標準モールドベースの浸透により、標準モールドベース加工およびそれに付随する標準部品を組み込む加工については、ある程度の加工標準化がされています。

しかしまだまだ、同じ機能を持つ加工でも、加工寸法や公差・形状がお客様によって異なる加工が多く存在しています。
金型メーカー殿1社1社では標準化されており問題はないのですが、多くの金型メーカー殿に対応しているモールドベースメーカーにとっては、お客様毎にプログラム変更および工具交換をすることとなり負担となっております。
全加工モールドベースが急増している現状では、この加工標準は大変重要な課題となっております。

よって弊社では、金型メーカー殿に対して出来る限り弊社の加工標準に合わせて頂くことによって、短納期・コストダウンを目指すことが金型メーカー殿にとっても有益であると考え、ご協力をお願いしております。
下記に現時点の弊社の<加工の標準化提案>の加工を示します。詳細については、別サイトに掲載しますので、ご検討をよろしくお願い申し上げます。








お問い合わせ トピックス 製品情報 モールドベース ご挨拶 サイト利用規約 個人情報保護方針 サイトマップ